家庭用燃料電池システム エネファームtypeS

エネファームとは

発電 給湯 温水暖房 3つの機能を1台で

発電の際に発生した熱も有効利用

エネファームは都市ガスから取り出した「水素」と空気中の「酸素」から高効率で電気をつくる
発電・給湯・温水暖房を1台でできる先端システムです。
発電の際に発生する熱もエネファーム専用暖房給湯器に供給する水の予熱として有効利用します。

ホットモジュール、燃料電池の詳細についてはこちら

  • ○発電時の熱の一部はエネファーム専用暖房給湯器に供給される水の予熱に利用しますが、給湯利用時は必ずエネファーム専用暖房給湯器にてガスを燃焼させてお湯をつくります。このほか、温水暖房のお湯は、すべてエコジョーズタイプのエネファーム専用暖房給湯器でガスを燃焼させてお湯をつくります。
  • ○貯湯タンクがお湯でいっぱいの場合は、貯湯タンクのお湯をラジエータで放熱しながら運転を継続します。

使う場所で効率よく電気をつくる

エネファームtypeSは発電効率が高く自宅で発電することで熱も有効利用できるため
火力発電による発電の一次エネルギー利用料約40%に比べ
約87%の一次エネルギー利用率を実現できます。

  • ※1 LHV(低位発熱量:燃料を燃焼させた時の水蒸気の凝縮潜熱を含めない発熱量)基準。火力発電所のエネルギー利用率および送電ロス等は、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」から東邦ガスが算定。
  • ※2 余剰電力買取をしている場合等、約3時間以上安定して定格発電を継続した際の発電効率です。上記以外の場合、定格発電効率は54%となります。
エネファームのしくみや
機能など、
わかりやすく
ご案内させていただきます。

まずはお気軽にご質問・ご相談ください!

日々のくらしでこんなお困りごと・
気になることはありませんか?
エネファームtypeSで解決できます

日々の光熱費
もっと抑えられないかな?

環境にやさしい選択って
身近にあるのかな?

停電が起きた時のために
できることはないかな?

光熱費がおトクに

光熱費※1を比べると、エネファームtypeSがおトク

エネファームは都市ガスから取り出した「水素」と空気中の「酸素」から高効率で電気をつくります。
ガスを使って発電する分、ガスの使用量は増えますが、おトクな「エネファーム料金」※2をご利用いただけます。
加えて、エネファームtypeSで発電した電気を使うことで、従来システムと比べて電気料金を削減。
だから、電気料金とガス料金をあわせたトータルで従来システムと比べて、同等の設備・使用方法で光熱費※1のコストダウンが可能です。

  • ※1 ここでいう光熱費とは、電気料金とガス料金をあわせた年間のランニングコストを意味します。
  • ※2 エネファームカタログをご参照ください。一般料金との比較においては、25m³/月以上のガスをお使いいただいた場合、エネファーム料金の方が安くなります。
【ランニングコストのトータル比較】

※3 エネファームtypeS アイシン 2022年度モデルの場合

  • ○東邦ガス試算条件による一例。家族人数を4人とし、同等設備(ガス温水床暖房・ガス温水浴室暖房乾燥機あり)・同等使用方法での比較であり、家族構成、生活パターン、建物、使用機器や使用方法によって異なります。
    また、気温および水温によっても異なります。東邦ガスの試算条件についてはこちらをご覧ください。
  • ○お客さまの条件に応じたシミュレーションについては、販売店または東邦ガスにお問い合わせください。

環境にやさしいくらしに

大きなCO2削減効果

エネファームtypeSは、従来のシステムに比べて年間約1.5t※1のCO2を削減できます。
アイドリングストップを心がける、冷房の設定温度を上げるなど、他のエコ活動とあわせて、一層のCO2削減に貢献できます。

※1 当社試算条件によるシミュレーションの一例(ガス温水床暖房、ガス温水浴室暖房乾燥機あり。)です。家族構成、生活パターン、建物、使用機器、使用状況、気温等によって値は異なります。当社試算条件についてはこちらをご確認ください。

  • ○ガスのCO2排出量原単位=2.29kg-CO2/m3(東邦ガス調べ)
  • ○電気のCO2排出量原単位=0.66kg-CO2/kWh(火力発電の場合。平成28年5月「地球温暖化対策計画」)

停電時の備えに

エネファームtypeS発電中に停電が発生しても、発電を継続

エネファームtypeSが発電している時に限り、電力会社等からの電気が停電すると、停電時専用コンセントで電力を使用できます。
また、シャワー・湯張り等の給湯も可能です。

※1 数値はあくまで一例です。実際の消費電力は、製品の種類、使用方法により異なります。
電気機器の種類によっては、瞬間的に700Wを上回る電力負荷がかかるため、消費電力にかかわらず使用できないことがあります。

※2 エネファーム専用暖房給湯器、凍結予防運転に必要な電力も含みます。停電時の使用電力が発電電力より小さい場合、使用電力との差分の電気を使って熱を発生させ、貯湯タンクに貯めるお湯をつくります。貯湯タンクがお湯でいっぱいになると、発電を継続するため断水時を除き、自動的に浴そうにお湯を排水することがあります(燃料電池ユニット後付け設置の場合は除きます。)。
エネファーム専用暖房給湯器、凍結予防運転に必要な電力も含みます。

  • ○停電時発電継続機能を使用するためには、停電発生時にエネファームtypeSが発電中である必要があります。
  • ○都市ガスや水の供給停止、およびその他の理由によりリモコンにエラーが表示されている場合、エネファームtypeSは発電を継続しません。
  • ○断水時は使用できる電気量を抑制したり、出力が不安定になることがあります。また、貯湯タンク内の水の残量が少なくなると、機器保護のため、運転を停止します。
  • ○発電継続可能時間については、機器の状況および使用状況によって異なります。

発電余剰電力買取制度
について

エネファームtypeSで発電した電力の内、ご家庭の電気使用量を上回る電力を、東邦ガスに売電することができます。
その売電量に応じて、東邦ガスからお客さまの指定口座に入金します。
お客さまから買い取った電気は、社会全体で活用※1されます。
発電効率が高い※2エネファームtypeSによる電気を有効活用することにより、CO2削減につながります。

  • ※1 東邦ガスの電力小売事業の電源の一部として活用。(2022年3月時点)
  • ※2 エネファームtypeSの発電効率:55%(JISC8823に基づく測定値。低位発熱量基準)。余剰電力買取をしている場合等、約3時間以上安定して定格発電を継続した際の発電効率です(定格発電効率は54%となります。)。
    火力発電による発電効率:約44%(「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」から東邦ガスが算定。)。詳しくは、「エネファームtypeS」カタログをご確認ください。
  • 〇エネファームtypeS発電余剰電力買取規約はこちらからご確認ください。

エネファームtypeS運転イメージ

余剰電力買取を行わない場合、電気使用量に合わせて、24時間連続運転※3を行います。
余剰電力買取を行う場合、電気使用量にかかわらず、24時間定格運転(700W)※3を行います。電気使用量が少ない時間帯は、発電した電力がご家庭の電気使用量を上回ります。発電した電力のうち、ご家庭で使われなかった電力は、東邦ガスが買い取ります。

※3 ガスメーターの保安機能を正常に作動させるため、26日間連続して運転した後、27日目に24時間以上、発電を停止します。また、1日に2~3回約6分間発電出力が低下します。

  • ○発電時に発生する熱の一部はエネファームtypeSに接続されている給湯器等に供給される水の予熱に利用しますが、給湯利用時は必ずエネファームtypeSに接続されている給湯器等にてガスを燃焼させてお湯をつくります。このほか、温水暖房のお湯は、すべてエネファームtypeSに接続されている給湯器等にてガスを燃焼させてお湯をつくります。
  • ○貯湯タンクがお湯でいっぱいの場合は、貯湯タンクのお湯をラジエータで放熱しながら運転を継続します。
  • ○詳しくは「エネファームtypeS」カタログをご確認ください。

発電余剰電力の売電メリット

東邦ガスの発電余剰電力買取制度にご加入いただくことで、従来システムに比べて省エネやCO2 削減、光熱費削減※4に、より貢献します。

○エネファームtypeSアイシン2022年度モデルの場合で、ガス契約:東邦ガス、電気契約:中部電力ミライズ(株)の場合。
詳しい試算条件は、こちらをご覧ください。

○計算条件により異なります。東邦ガス試算条件についてはこちらをご確認ください。

※4 ここでいう光熱費とは、電気料金とガス料金を合わせた年間のランニングコストを意味します。発電余剰電力を買い取る場合は、さらに売電収入を差し引きます。

注意

発電設備(太陽光発電等)または蓄電池とエネファームtypeSを併設している住宅では、エネファームtypeSの発電余剰電力買取を行うことはできません。
その他お申込み条件がございますので、詳しくは「エネファームtypeS発電余剰電力買取のご案内」をご確認ください。

光熱費シミュレーションも可能です。

まずはお気軽にご質問・ご相談ください!

エネファームtypeS 製品紹介

エネファームtypeS アイシン
2022年度モデル

高効率発電システムと貯水ダンクを一体化した燃料電池ユニットと
エネファーム専用暖房給湯器を組み合わせた独自のシステムです。

  • ※その他のラインナップからもお選びいただけます。
  • ※詳細は東邦ガスグループ担当者までご確認ください。

今お使いの給湯器を使用する
ことも可能です

現在お使いのエコジョーズをそのまま活用し、「燃料電池ユニット」と「発電専用リモコン」を後から設置いただくことで、
エネファームとしてご使用いただくことができます。
既設のエコジョーズ※1をそのまま利用。台所リモコンと浴室リモコンも利用します。

※1 対象となるエコジョーズは、製造から10年以内の東邦ガスが定める型式のものに限ります。詳細は東邦ガス担当者までお問い合わせください。

設置に関する心配事も
東邦ガスにお任せを。

まずはお気軽にご質問・ご相談ください!

10年間のメンテナンス制度東邦ガスの
安心サポートサービス

修理を実施する安心サポート付きです。

適用条件等は
必ずご確認ください

型式 [エネファームtypeS アイシン 2022年度モデル]

燃料電池ユニット型式 NT-0722ARS-KBC
エネファーム専用暖房給湯器型式 FT4222ARSAW6CZ
FT4222KRSSWCMZ
HT4222ARSAWCZ
HT4222KRSSWCMZ

期間

安心サポートサービス開始日※1から10年間

※1 初めて系統連系された日(燃料電池ユニットの試運転日)、またはガスの新規開栓日のいずれか遅い日。ただし、エネファームの設置から1年を経過している場合は、設置日から起算して1年を経過した日を安心サポートサービスの開始日とします。

○安心サポートサービス制度の適用にはお客さまからのお申込みが必要です。

内容

万一の故障発生の際には、修理を実施。

安心サポートサービス適用対象外および適用期間終了後のメンテナンスについて

  • 安心サポートサービス期間終了後等の定期点検・故障修理などメンテナンスは、有償です。
  • 安心サポートサービス期間にかかわらず、引き続きご使用になる場合は、定期点検を実施してください。定期点検を実施しない場合、発電を自動停止し、発電機能は使えなくなります(給湯および暖房機能は引き続きお使いいただける場合もありますが、エネファーム料金を適用できなくなります。)。定期点検は、最初の通電から約12.5年で行う必要があります(有償※1)。
  • 定期点検実施以降、毎年の点検(有償)推奨いたします。

※1 約22万円(税込)/回

対象設備の範囲

  • ※1 オプション品(増設リモコン、HEMSアダプタ)、ガスコンロ等厨房設備、分電盤や屋外コンセント等の電気設備、接続された電線、配管等は対象外です。また、IoT機能に関するWi-Fi接続やその設定作業、および、スマートフォンアプリやその接続・設定も対象外です(有償での対応もお受けできかねます。)
  • ※2 燃料電池ユニットと同時に接続した東邦ガス指定のエネファーム専用暖房給湯器に限ります。既設のエコジョーズを利用して、後付け設置で燃料電池ユニットを接続する場合、既設のエコジョーズ(台所・浴室リモコン含む)およびそれに接続されている端末機(床暖房リモコン、浴室暖房乾燥機(リモコン含む)等)等は安心サポートサービスの適用対象外となり、既設のエコジョーズや端末機等の修理は有償です。
  • ※3 それぞれの端末機(床暖房リモコン、浴室暖房乾燥機(リモコン含む)等)等の安心サポートサービスの終了日は、エネファームの安心サポートサービス終了日または当該端末機等の設置日から起算して10年を経過した日のいずれか早い日となり、エネファーム本体の安心サポートサービス期間と一致しない場合があります。
【燃料電池ユニット後付け設置について、知っておいていただきたいこと(ご購入・ご契約の前に必ずお読みください。)】

○既設のエコジョーズを利用して、後付けで燃料電池ユニットを設置する場合、既設のエコジョーズ(台所・浴室リモコンを含む)およびそれに接続されている端末機(床暖房リモコン、浴室暖房乾燥機(リモコン含む)等)等は安心サポートサービスの対象外となり、既設のエコジョーズや端末機等の修理は有償です。

その他「知っておいていただきたいこと」「安全・使用に関するご注意」もご確認ください。

注意事項

  • エネファームtypeSを構成する燃料電池ユニット、燃料電池ユニットと同時に設置した東邦ガス指定のエネファーム専用暖房給湯器、リモコンセット(台所リモコン・浴室リモコン)、分電盤内のエネファーム用電流センサーならびにエネファーム専用暖房給湯器に接続されている東邦ガス指定の端末機(床暖房リモコン、浴室暖房乾燥機(リモコン含む)等)等が対象です。
  • 安心サポートサービスの提供が終了した場合や、安心サポートサービス制度の契約約款に従いメンテナンスが有償となる場合には、その内容により一回あたり数千円~数十万円(税込)の修理費用等が必要です。また、安心サポートサービスの対象設備・対象期間であっても、サービス提供にあたり、重機等の利用、足場(作業床)等が必要な場合、その費用は有償です。

サービス対象期間の考え方

  • □安心サポートサービスの期間は、開始日から10年間です。10年を超えますと、点検・修理等、メンテナンスにかかる費用は有償ですのでご了承ください(有償となる期間については、上図をご確認ください)。
  • □大規模で著しく被害の大きな地震等の天変地異に起因する故障、不具合および損傷の場合、安心サポートサービスの適用対象外です。
  • □取扱説明書の記載によらずご使用になった場合、安心サポートサービスの適用対象外です。
  • □家庭用用途以外で使用された場合は、安心サポートサービスの適用対象外です。
  • □停電時以外で停電時発電継続仕様に係る機能を頻繁に使用したことに起因する故障、不具合および損傷は、安心サポートサービスの適用対象外です。
  • □塗装の退色等の自然損耗、機器仕様、給水・給湯配管等の錆等の異物混入等東邦ガスの責めによらない事由による故障、不具合および損傷の場合、安心サポートサービスの適用対象外です。
  • □エネファームの設備管理や使用方法の不備による故障、不具合および損傷は、安心サポートサービスの適用対象外です。

○上述は概要であり、その他の適用対象外となる場合等、詳細については、東邦ガス担当者にお問い合わせいただくか、安心サポートサービス制度の契約約款をご確認ください。

ご購入前の
よくあるご質問

燃料電池とはどういうしくみですか。
水素と酸素の化学反応により電気をつくる発電システムです。水素は天然ガスから取り出し、空気中の酸素と化学反応させて「電気」と「熱」を発生させます。つまり水の電気分解の逆で、水素と酸素が水になるときに発電し、その排熱を利用してお湯をつくります。
「家庭用燃料電池 エネファーム」にはどんなメリットがありますか。
発電時に発生した熱を利用してお湯をつくり、効率的にエネルギーを活用することができます。ガスで発電するので、電気代を抑えることができます。一方、ガス使用量が増加しますが、「エネファーム料金」というおトクなガス料金メニューを利用することで年間の光熱費(電気料金とガス料金をあわせた年間のランニングコスト)を従来システムと比較して、トータルで減らすことができます。
エネファームとエコキュートの違いはどんなところですか。
エコキュートはお湯をつくるための給湯システムです。それに対してエネファームは、電気をつくり、その際に発生する熱をお湯として活用するコージェネレーションシステムで、発電ができるか否かという点で、大きく異なります。
設置にはいくらぐらいかかりますか?
お客さまの給湯器(リモコン含む)のご利用状況や、エネファームを設置させていただくスペースの状況等によって、費用は大きく異なるためご自宅を確認させていただいた上で、個別に設置費用をご案内させていただいております。
見積りだけでも構いませんので、まずは無料見積りにお申し込みください。
エネファームtype Sはどのくらい発電しますか。
標準モデル家庭(戸建て住宅4人家族)の場合で試算すると、約3,600kWh/年を発電します。発電量や発電時間は、ご使用になるご家庭のライフスタイルやエネルギー消費量によって異なります。エネファームは家庭の消費電力に合わせて、発電量を調整し、つくった電気はすぐに消費していきます。

○東邦ガス試算条件による一例。家族人数を4人とし、同等設備(ガス温水床暖房・ガス温水浴室暖房乾燥機あり)・同等使用方法での比較であり、家族構成、生活パターン、建物、使用機器や使用方法によって異なります。
また、気温および水温によっても異なります。東邦ガスの試算条件についてはこちらをご覧ください。

発電した電気は売ることができますか。
東邦ガスの発電余剰電力買取制度にお申込みいただければ、エネファームtype Sで発電した電気のうち、ご家庭で使わなかった電気を東邦ガスに売ることができます。
我が家の光熱費はどのくらいお得になりますか。
電気・ガス等エネルギーのご利用状況によって、お得額は異なります。専門の担当者が、お客さまのエネルギー利用状況を確認させていただいたうえでご提案させていただきます。
まずは、無料相談にお申し込みください。
エネファームは補助金制度がありますか。
一部の自治体には、エネファーム購入者に対する独自の補助・支援制度があります。
詳しくは、お住まいの自治体もしくは東邦ガスグループにお問い合わせください。

エネファームに関するご質問は
東邦ガスグループに
ご相談ください

東邦ガスグループなら
エネファーム施工実績累計30,000台※以上

※ エネファーム発売開始(2009年)以降の累計施工実績(2022年3月時点)

購入後のサポートも安心

充実したアフターサービスで設置後も安心してご利用いただけます。

ガスのプロが伺います

東邦ガスグループ販売店「リベナス エネドゥ」「エネドゥ」がお伺いします。
豊富な知識と経験で、施工まで誠実にご対応します。